文化プログラムについて

 国においては、東京五輪に向けて、全国で様々な主体による日本文化の魅力を発信する事業を「文化プログラム」として、オールジャパンで推進していくこととしています。
福岡市においても、この国の動きと連動し、福岡の歴史・文化の魅力を広く発信することを目的とした「福岡市文化プログラム」を展開します。
 その一環として、政府が進める文化プログラム「beyond2020プログラム」について、福岡市が認証組織となり、市民をはじめNPOや民間企業、行政など市内の多様な主体による様々な文化事業を世界に向けて発信していきます。

beyond2020プログラムについて

趣旨

2020年以降を見据え、日本の強みである地域性豊かで多様性に富んだ文化を活かし、成熟社会にふさわしい次世代に誇れるレガシーの創出に資する文化プログラムを「beyond2020プログラム」として認証し、ロゴマークを付与することで、オールジャパンで統一感を持って日本全国へ展開する。

認証のメリット

  • ・beyond2020ロゴマークを活用した広報が可能
  • ・全国の文化プログラムを集約・多言語発信する ポータルサイト「Culture NIPPON」の他、福岡市文化プログラム専用サイトに掲載

対象(実施主体)

市内に拠点がある又は市内で事業・活動を行う公的機関のほか、民間事業者、その他任意団体等
※営利活動、非営利活動に関わらず、文化に関わる幅広い活動を認証

認証要件

(1)日本文化の魅力を発信する事業・活動であること
  • ※日本文化とは、伝統的な芸術からクールジャパンとして世界中が注目するコンテンツ、和食などの食文化、祭りや伝統的工芸品など、多様なものを含んでいます。
  • 例)伝統芸能の公演、地区のお祭り、お酒を紹介するパンフレット制作、伝統工芸の制作様子を記録・情報発信、日本の会場でのクラシックコンサート 等
(2)多様性・国際性に配慮した、以下のいずれかを含んだ事業・活動であること
・障害者にとってのバリアを取り除く取組
例)
  • ・スロープのある会場での展覧会
  • ・車いす優先席の設置したコンサート
  • ・点字の絵本の読み聞かせ会
  • ・手話通訳と要約筆記を配置した講演会 等
・外国人にとっての言語の壁を取り除く取組
例)
  • ・同時通訳を導入した講演会
  • ・外国語字幕の映像制作、上映会
  • ・外国語が話せる案内スタッフを配置した講演会
  • ・外国語のパンフレット、HPによるPR
  • ・外国語の解説を付した展示会 等

申請方法

下記の「認証申請書」をダウンロードし、必要事項を記入の上、メール又は郵便にて、福岡市文化振興課までご送付ください。

申請先

福岡市 経済観光文化局 文化振興課
〒810-8620 福岡市中央区天神1-8-1
メールアドレス:bunka.EPB@city.fukuoka.lg.jp
  • ※認証申請書・実施報告書のメール送付に際しては、必ずエクセルファイルで提出してください。
  • ※誓約書兼同意書は、日付、住所、法人・団体の名称、代表者名を記入・押印し、メールの場合、スキャンしたデータを提出してください。
  • ※申請から認証まで2週間程度の期間を要します。
イベント登録はこちら

イベントカレンダー

-
             
             
             
             
             
             
イベント検索はこちら
FUKUOKA NOW
よかなび
公益財団法人 福岡市文化芸術振興財団
福岡市美術館
福岡市博物館
福岡アジア美術館